*

支援級の息子へ 親の願い

公開日: : 最終更新日:2015/05/30 支援級 1~5年生

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日学校への提出物として、児童実態調査票を記入しました。

児童調査表 発達障害

項目の一つに「保護者の願い」を記入する項目があり、生活面、学習面、行動面に分かれていました。

私がたっくんについて書いたのは
生活面→身辺自立。スケジュールを立てる。
学習面→得意な科目を伸ばしてあげたい。国語力をつける。
行動面→マイペースさを緩和する。人の話を聞く。

Q.20歳を過ぎてどのようになっていて欲しいですか?
A.元気に働く大人になってほしい。人との交流を楽しむ。

鉛筆で書いて、毎年補足したり修正するそう。

あくまでも親の想いなので、たっくんの意思や成長を見ながら目標は修正しつつサポートしていけたらと思います。

よく思うけど、書き出すって大事。日々の生活で流されちゃうけどちょっと立ち止まって思いを確認するのはいいです。

んじゃ、またね。あじわいこそだて☆


ランキングに参加しています。クリックで応援していただけたら嬉しいです にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
広汎性発達障害児ママの子育てブログ
●はじめに
●たっくんと私の療育年表
●早期発見
●日々の療育
●買ってよかったもの
●読んでよかったお役立ち本
●絵カード関連
●おかあさんと一緒に出演
●療育のためペーパードライバー脱出
●年末調整で税控除の申請 愛の手帳でお金がもどってくるかも
●療育目線で子どもチャレンジをしてよかったこと、よくなかったこと



療育の先生もおすすめの 体幹弱く転びやすい子の足首をしっかり支えてくれる靴




家族で温泉いきたいな

スポンサーサイト

スポンサーサイト

関連記事

中学校の情緒級を見学してきました。

  たっくんは今、小学校5年生です。 再来年の中学校進学にむけて情報収集をして

記事を読む

支援級保護者会で聞いた先生のお話 生活ルールなどについて(小3)

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

no image

漢字を覚えるには部首で遊ぶ 発達障害のお子さんにおすすめ

  ただ今小5のたっくん。 kabc のテストを受けた結果、一つ一つ書き取りで

記事を読む

小児精神科の定期診察(小3)

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

no image

「お母さん 僕って障害者なの?」

5年生のある日 たっくんに 「お母さん 僕って障害者なの?」とストレートに聞かれました。

記事を読む

キッザニアで就労体験

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

学童でまが玉の工作

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

たっくんあるある 学校に持っていったものがなくなる

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今朝、た

記事を読む

学校の用意・準備表 準備のスケジュールを整える(小2)

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

4月から交流級の社会に行きはじめました。

2月から交流級で理科を始めていた、たっくん。 4月からは理科に加えて社会にも行き始めました。 ※

記事を読む

スポンサーサイト

スポンサーサイト

Comment

  1. ソナタ より:

    はじめまして
    親の願いを拝読して
    気持ちを動かされました。
    当たり前のようでハードル高いですよね。

    とても分かりやすく、不安を抱える親御さんのためになる記事ですね。
    同じ境遇の親御さんの支えになれるのも、こういった子供のお陰で幸せなことだと思います。

    情報より文章中心ですが、よろしければ、覗いてみてくださると嬉しく思います。
    勇気と希望溢れる肯定感たっぷりのブログだと自負しています。

    療育手帳を持つ子供が二人います。宜しくお願いします。

    親の願い。叶うという事実も大切ですが、そこまでのプロセスの中で、障害というある種の壁を、どう受け止めて親も子供も学校、地域、職場という社会にどう入り込むか、子供の特性も踏まえて、若い親御さんたちに期待しています。

    失礼いたしました。

    • komomo より:

      はじめまして、たっくんママです。コメントをありがとうございます。
      私の親の願いは言葉にするとシンプルですが、確かにハードル高いところもあります・・(^^)。
      ブログ拝見しました。

      3人のママさんでいらっしゃるんですね。
      一緒にお子様とバイオリンをされていたり、親御さんの交流の場を設けたり素敵ですね。
      平岩先生は本「魔法の言葉かけ・・・」で知っているだけでしたが、実際にお会いされたりしたんですね。ブログを読んで、色々と刺激をうけました。

      <親の願い。叶うという事実も大切ですが、そこまでのプロセスの中で、障害というある種の壁を、どう受け止めて親も子供も学校、地域、職場という社会にどう入り込むか・・・>
      というところが特に心に響きました。地域をはじめ周りとの関わりは今後の課題です。

      私も、ブログにもお邪魔させてくださいね。ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーサイト

スポンサーサイト
no image
【やっててよかった】手先が不器用で小2から中1の4月まで公文に通っていました。

  手先の不器用さがあって、小2から始めた公文(国語)

スマホ未満で位置が知りたいときのおまもりGPS まもサーチ2

  たっくんも中学生になり、スマホを持たせるほどではな

たっくん 中学校の情緒級に進学します

  就学判定会の結果が出て、たっくんは第一希望通り中学

no image
たっくん中学校の就学相談

たっくんももう6年生。 就学相談を市の療育機関にしています。

no image
「お母さん 僕って障害者なの?」

5年生のある日 たっくんに 「お母さん 僕って障害者なの?

→もっと見る

PAGE TOP ↑