*

【言葉が出てくる過程】体作り・心作り・言葉の順番

公開日: : 最終更新日:2018/08/21 読んでよかったお役立ち本

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

【乳幼児期】刺激あたえたい・・ 自宅教材家庭保育園にすがる1
【乳幼児期】刺激あたえたい・・ 自宅教材家庭保育園にすがる2
ではたっくんの乳幼児期に、大人しいと心配になって私は刺激を与えようと詰め込みをしていましたが、たっくんが3歳くらいになって言語聴覚士 中川信子さんの講演会に行ったときに販売されていた、ある本に出会いました。

「1・2・3歳 ことばの遅い子 ことばを育てる暮らしのヒント」
ことばの遅い子 発達障害

この本には障害児発見ブックではなくて、ただことばが遅くて将来めきめき伸びた子、障害を持った子のお母さんに「どの子もよい子・どのように育てればそのこのよい所を伸ばしてあげられるか」という思いで子供を見守ることの大事さが書いてあります。
私も障害児の子育て方法は健常児の子育てにもよいという考え方です。

読んだ内容を簡単にまとめてみます。

  1. ことばの基礎となる必要な力
  2. 脳の仕組みとことばの働き
  3. 注意深くかかわるとき
  4. 障害があってもなくても育つ道筋は同じ

 

1.ことばの基礎となる必要な力

・十分に泣く、声を使い分ける
・聞こえの発達、声を聞き分け
・大人と気持ちの共有・同じものを見る(共同注視)
・ばぶばぶおしゃべり(なん語)
・動作のまね。ことばまね(模倣)
・話かけられていることが分かる(言語理解)
・手や指の動きが器用になる
・指差し
・やりとり遊び(役割の交代)
・ゴニョゴニョおしゃべり
・動作や表情を気持ちで表す

これが積み重なってから、言葉が出てくるそうです。

2.脳の仕組みとことばの働き

鏡餅 言葉 発達障害

発達には順序があるそうで、「脳の積み上げ構造」があって、お正月の重ね餅にたとえています。
一番下のお餅は「体をつかさどる脳」、上のお餅は「心をつかさどる脳」、一番上にのるみかんが言葉や知力をつかさどる脳です。一番下の餅がないと、上のお餅は積み上げられないし、みかんを大きく!と思っても、土台となる上下のお餅をしっかりしないと、みかんの重みで餅がつぶれたり・・・してしまうことがあるそうです。
そのために大事なことが、「食べさせて 着せて 寝かせて 大きくする」という体作り、心作り、
「急がば回れ」が当てはまるそうです。

中川信子さんの言葉のビルが有名みたいですネ。

3.注意深くかかわるとき

次のことが見られるような場合があるときは、ことばが遅いだけでなく、何らかの問題がある可能性(障害など)も視野に入れて注意深く見守ったほうがよいそうです。
ちなみに、たっくんの乳幼児期は下記については、ほぼ当てはまっていました(><)

・ひどく落ち着きがない
・目が合わない。呼びかけても全然反応してくれない。
・同じ遊び(クルクルまわす、ペラペラめくる、1列に並べるなど)ばっかりをずっとやっている。
・一人だけで遊んでいる。一緒に遊ぼうとしても知らん顔する。

4.障害があってもなくても育つ道筋は同じ

中川さん曰く、子供が育つ道筋は、障害があってもなくても同じ。障害は別に「障り」や「害」ではなく、「ふつう」よりきめ細かい支えや配慮を必要としているだけだそうです。その子の速度に見合った速度で、一緒に歩くように配慮すればいい。早く歩かせようとすると、転んでしまったり、途中で息が切れて歩くのがいやになってしまうかもしれない。
障害にとらわれず、発達を促す療育を薦められたときに「あのグループに通うと障害児と思われるから」という先入観を捨てて、「今、この子に必要だから、一時的にも利用しよう」と割り切って、利用でいるものはどんどん利用しましょうと書いてありました。

私もたっくんを育てていて、手間はかかるけれども子育てには変わらないと思っています。
たっくんはOT(作業療法)、ST(言語療法)・同じ世代のお子さんのグループ療育の訓練などを受けて、本人も私も成長に伴う課題はあるものの、少しづつ暮らしやすくなっています。療育は足を踏み入れるのに、怖いものではないとお伝えしたいです。

心が明るくなり、考えも前向きになります。具体的なかかわり方や詳細な内容が載っていて、分かりやすい内容でした。
私も不安で暗い想いを抱えつつ、刺激のつみこみにやっきにならず、もっと早い時期に読んでおけばよかったと思う本です。

 

中川信子さんHP そらとも広場
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

その他読んでよかったお役立ち本

んじゃ、またね。あじわいこそだて☆


ランキングに参加しています。クリックで応援していただけたら嬉しいです にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
広汎性発達障害児ママの子育てブログ
●はじめに
●たっくんと私の療育年表
●早期発見
●日々の療育
●買ってよかったもの
●読んでよかったお役立ち本
●絵カード関連
●おかあさんと一緒に出演
●療育のためペーパードライバー脱出
●年末調整で税控除の申請 愛の手帳でお金がもどってくるかも
●療育目線で子どもチャレンジをしてよかったこと、よくなかったこと



療育の先生もおすすめの 体幹弱く転びやすい子の足首をしっかり支えてくれる靴




家族で温泉いきたいな

スポンサーサイト

スポンサーサイト

関連記事

【娘が学校に行きません】読んでよかったお役立ちコミック

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 私は編集

記事を読む

【うえへまいりまぁす】こだわりのアナウンスの真似を楽しむ

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 たっくん

記事を読む

【はずれ先生にあたったときに読む本】

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 【はずれ

記事を読む

【面白本】ぼくのニセモノをつくるには・・・妄想ワールド炸裂です。 

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 「ぼくの

記事を読む

光とともに 「元気に働く大人になります」

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 この間

記事を読む

【マンガ】光り輝くあしたへ 「光とともに」が遺したもの 

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

記事を読む

【かおかおどんなかお】表情で気持ちを読み取る練習

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 たっくん

記事を読む

ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし【お役立ち本】

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

イケイケ・パニッカー 【自閉症 読んでよかったお役立ちマンガエッセイ】

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 自閉症

記事を読む

倉敷子育てハンドブック ひとりじゃないよ 不安を抱えているあなたに

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 NHKの

記事を読む

スポンサーサイト

スポンサーサイト

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーサイト

スポンサーサイト
no image
好きは苦手を超える

箸の使い方が、小4の今も苦手なたっくん 手先の不器用さを改善した

三男の合いの手 おまえんちおっばっけやーしきー

先日トトロが放映されていましたね。 我が家は、前から録画してあっ

日本理化学工業㈱の見学を終えて 働く喜び 相手の個性に合わせた伝え方

ママ友にさそってもらい、 全従業員85人中63人が知的障がい者の

学童で外遊びはしないという息子を変えた、「お友だちと一緒にいたい」という原動力(小4)

先日、学童の面談があり、たっくんの学童での様子を伺いました。 3

スマイルゼミ 発達障害児 自閉症
公文の算数をやめて、タブレット学習 スマイルゼミ始めました(小4)

  仲よしのお友だちが、スマイルゼミがいいよと教え

→もっと見る

PAGE TOP ↑