*

【分数大好き】 分数がいつの間にか好きになるゲーム(小2)

公開日: : 最終更新日:2017/06/24 使ってよかったもの ,

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年のお正月は暖冬ですね。

たっくんのインフルエンザも1日で解熱して、といっても昨日までは外出はできず主に家で年越しは迎えました。
解熱していた後に、主にはまっていたのが

分数大好き
というカードゲーム

UNOのような感じで、遊びながら分数を勉強できるゲームです。
数字好きのたっくん、きゃっきゃ言いながら一緒にしました。

掛け算の勉強になったり、大人も脳トレ感覚で楽しめます。

カードの大まかなルールは、カードを出していって最初になくなったほうが勝ち。
後1枚というリーチのときに
「分数大好き!」

と大きな声で言うルールなので、サブリミナルというか、刷り込みというか本当に分数が楽しくなってきます。

数字好きのお子さんや、楽しみながら分数を覚えてほしいというご家庭にはお勧めのゲームです。
遊び方も難易度によって、2種類位あって、うちは簡単なほうの遊び方でやっています。
もう少し高学年になったら、難しいほうでやってみるつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連記事

    本日のOT(わごむパターンボード)見る力が弱い・・・

    発達障がい児育児中のたっくんママです。 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今

    記事を読む

    微細運動の練習に効果的 【ラキュー】

    発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 発達障

    記事を読む

    飛び跳ねるって楽し~い!(トランポリン編)感覚統合にもおすすめ

    発達障がい児育児中のたっくんママです。 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 発

    記事を読む

    絵カード使ってました。2【視覚優位 視覚で伝える】

    発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 絵カード

    記事を読む

    スマホ未満で位置が知りたいときのおまもりGPS まもサーチ2

      たっくんも中学生になり、スマホを持たせるほどではないけれども どこにいるか

    記事を読む

    自閉症・発達障害児の発語を促す練習グッズ 「う」の発音②ピロピロ笛 吹き戻し

    発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

    記事を読む

    小柄な子にぴったり ランドセルラックを買いました。

    発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 机に殆

    記事を読む

    売切れ中→再入荷中【小柄な子の登校が楽に!】てぶラン ランドセルにとりつけられるバッグ

    発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 昨日のN

    記事を読む

    忙しいママに(^^) 【既製品の絵カード】発見

    発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 私は

    記事を読む

    使ってよかったもの再 【ムーンスター ハイカット】体幹が弱くて転びやすいお子さんの足首をしっかりホールド

    発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 たっく

    記事を読む

    スポンサーサイト

    スポンサーサイト

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    スポンサーサイト

    スポンサーサイト
    no image
    【やっててよかった】手先が不器用で小2から中1の4月まで公文に通っていました。

      手先の不器用さがあって、小2から始めた公文(国語)

    スマホ未満で位置が知りたいときのおまもりGPS まもサーチ2

      たっくんも中学生になり、スマホを持たせるほどではな

    たっくん 中学校の情緒級に進学します

      就学判定会の結果が出て、たっくんは第一希望通り中学

    no image
    たっくん中学校の就学相談

    たっくんももう6年生。 就学相談を市の療育機関にしています。

    no image
    「お母さん 僕って障害者なの?」

    5年生のある日 たっくんに 「お母さん 僕って障害者なの?

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑