*

食事が苦手・食べてくれない!摂食指導を受けました②(1歳11ヶ月)

公開日: : 最終更新日:2017/01/18 日々の療育 , , ,

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は以前のお話、食事が苦手・食べてくれない!摂食指導を受けました①(1歳8ヶ月)続きです。

2回目のノートには

上手に食べられています。
処理時の口唇閉鎖がもう少しですので、とりこみ時スプーンを引くタイミングをみてください。
硬いものでもかめていますが、口の中の物がすっかりなくなってから次のものを入れてください。
言葉がけを多くして

と書いてあります。
摂食指導だけの訓練はこちらの病院だけでしたが、他でも児童デイサービスに通うなかでお弁当持参をしたときには、全体の中の一つとして摂食指導の時間はありました。

んじゃ、またね。あじわいこそだて☆

たっくんママセレクト☆お役立ち療育的グッズストア☆

んじゃ、またね。あじわいこそだて☆


ランキングに参加しています。クリックで応援していただけたら嬉しいです にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
広汎性発達障害児ママの子育てブログ
●はじめに
●たっくんと私の療育年表
●早期発見
●日々の療育
●買ってよかったもの
●読んでよかったお役立ち本
●絵カード関連
●おかあさんと一緒に出演
●療育のためペーパードライバー脱出
●年末調整で税控除の申請 愛の手帳でお金がもどってくるかも
●療育目線で子どもチャレンジをしてよかったこと、よくなかったこと



療育の先生もおすすめの 体幹弱く転びやすい子の足首をしっかり支えてくれる靴




家族で旅行いきたい!沖縄に行きたーい。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

関連記事

指差しの練習絵本 きんぎょがにげた

いつもご訪問ありがとうございます。 広汎性発達障害児育児中のたっくんママです。 たっくん

記事を読む

療育は誰のため?

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 療育は

記事を読む

アンダースローの投げ方を直す 【バスケットゲーム】

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 たっく

記事を読む

本日のOT おてだま 目で追う力や手の協調動作の練習 

発達障がい児育児中のたっくんママです。 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今

記事を読む

児童デイサービス療育 回転刺激を入れる(2歳)

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

走らないの! 否定形で言っても伝わらない(肯定形で言おう)

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 学童での

記事を読む

微細運動(手先の操作)の練習 ブロック・パズルの遍歴

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 昨日の【

記事を読む

絵カード使ってました。1【見通し(スケジュール)をたてるのにgood】

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

記事を読む

OTで手先の不器用さの改善 パンダだらけ

発達障がい児育児中のたっくんママです。 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

記事を読む

粘土をこねこね 手先を器用にしたいなぁ。

発達障がい児育児中のたっくんママです。 療育で粘土遊びをしました。 OTの先生の指示で、

記事を読む

スポンサーサイト

スポンサーサイト

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーサイト

スポンサーサイト
日本理化学工業㈱の見学を終えて 働く喜び 相手の個性に合わせた伝え方

ママ友にさそってもらい、 全従業員85人中63人が知的障がい者の

学童で外遊びはしないという息子を変えた、「お友だちと一緒にいたい」という原動力(小4)

先日、学童の面談があり、たっくんの学童での様子を伺いました。 3

スマイルゼミ 発達障害児 自閉症
公文の算数をやめて、タブレット学習 スマイルゼミ始めました(小4)

  仲よしのお友だちが、スマイルゼミがいいよと教え

no image
発達障害児・自閉症 言葉の遅れに対するフラッシュカードDVD 星みつるさん

最近、こんな方をしりました。 NHK Eテレなどの子供番組の制作をし

モンズースー 生きづらいと思った親子で発達障害でした 入園編
幼児期の就学前や療育・園選びで出会っていたかった本

最近読んだご自身もADHD診断済みの2児の母 モンズースーさんの本

→もっと見る

PAGE TOP ↑