*

コウノドリ最終回でとりあげられた詩 「オランダへようこそ」全文

公開日: : 育児日記

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

毎回欠かさず見ていたコウノドリ、ついに最終回が終わりました。

特にこころに響いたのが、劇中でながれた「オランダへようこそ」の詩

ダウン症のお子さんを持つ女性、エミリー・パール・キングスレーさんが1987年に書かれた詩です。

聞いているうちに色々こみあげて、たっくんが大きくなってきた今も自分でもびっくりしてしまう位号泣してしまいました。

 

 

「オランダへようこそ」全文

私はよく「障がいのある子を育てるのってどんな感じ?」と、聞かれることがあります。
そんな時私は、障がい児を育てるというユニークな経験をしたことがない人でも、
それがどんな感じかわかるようにこんな話をします。

赤ちゃんの誕生を待つまでの間は、まるで、素敵な旅行の計画を立てるみたい。
例えば、旅先はイタリア。山ほどガイドブックを買いこみ、楽しい計画を立てる。
コロシアム、ミケランジェロのダビデ像、ベニスのゴンドラ。簡単なイタリア語も覚えるかもしれない。とてもワクワクします。
そして、何カ月も待ち望んだその日がついにやってきます。
荷物を詰め込んで、いよいよ出発。数時間後、あなたを乗せた飛行機が着陸。

そして、客室乗務員がやってきて、こう言うのです。
オランダへようこそ!」
「オランダ!?」
「オランダってどういうこと??
私は、イタリア行の手続きをし、イタリアにいるはずなのに。
ずっと、イタリアに行くことが夢だったのに」

でも、飛行計画は変更になり、飛行機はオランダに着陸したのです。
あなたは、ここにいなくてはなりません。

ここで大切なことは、飢えや病気だらけの、こわくて汚れた嫌な場所に連れてこられたわけではないということ。
ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに行かなくちゃ。
それから、今まで知らなかった新しいことばを覚えないとね。
そうすればきっと、これまで会ったことのない人たちとの新しい出会いがあるはず。
ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。
イタリアよりもゆったりとした時間が流れ、イタリアのような華やかさはないかもしれない。
でも、しばらくそこにいて、呼吸をととのえて、まわりを見渡してみると、オランダには風車があり、
チューリップが咲き、レンブラントの絵画だってあることに気付くはず。

でも、まわりの人たちは、イタリアに行ったり来たりしています。
そして、そこで過ごす時間がどれだけ素晴らしいかを自慢するかもしれないのです。
きっと、あなたはこの先ずっと「私も、イタリアへ行くはずだった。そのつもりだったのに。」
と、いうのでしょう。

心の痛みは決して、決して、消えることはありません。
だって、失った夢はあまりに大きすぎるから。

でも、イタリアに行けなかったことをいつまでも嘆いていたら、
オランダならではの素晴らしさ、オランダにこそある愛しいものを、
心から楽しむことはなかったでしょう。

みんなとは違う土地だけど、
私はオランダを思い切り楽しんで、そして大好きになりました。

オランダへようこそ!

翻訳 佐橋由利衣さん

引用元 JDS子育て手帳「+HAPPY しあわせのたね」公益財団法人日本ダウン症協会

http://www.jdss.or.jp/tane2017/index.html

これは、

イタリア=健常児を育てること

オランダ=障害児を育てること

ということであり、自分に振り返ると初めにたっくんが広汎性発達障害と分かったときは、まさにイタリアばかりみて心から育児を楽しめていませんでした。

ただ、沢山の新しい方と出会うことによってオランダの良さを味わる余裕がでてきたとき、人生が豊かなものに変わってきました。

今も、

心の痛みは決して、決して、消えることはありません。
だって、失った夢はあまりに大きすぎるから。

詩のように、育児を楽しみつつ、きれいごとではない大変さがあったり心の痛みを感じることもありますが、

現在小3のたっくんの育児をどのように楽しみ、彼の自立を支えていけるかということが私の課題でもあります。

ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

就労や進学、ちょっと違う場所を、どう切り開いていくか、どう学んでいくかが私の課題です。

そして、健常児を育てるママさんも、別の悩みや心の痛みがあったり、子育て以外でもオランダがあったりそれぞれ事情ありだと思います。

療育先で出会った、ダウン症のお子さんを育てているママさんの

「こっち(障害児を育てる)の世界もいいよ~」

という言葉、初めて聞いた時には、イタリアばかりに目が言っていた時で実感できませんでしたが、療育の同じクラスでご一緒して色々な体験を共有していくうちに、オランダの味わい方に気が付きました。

今は私も

「こっちの世界も悪くないよ、大丈夫だよ。」

と言えます。

 

 

 

んじゃ、またね。あじわいこそだて☆


ランキングに参加しています。クリックで応援していただけたら嬉しいです にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
広汎性発達障害児ママの子育てブログ
●はじめに
●たっくんと私の療育年表
●早期発見
●日々の療育
●買ってよかったもの
●読んでよかったお役立ち本
●絵カード関連
●おかあさんと一緒に出演
●療育のためペーパードライバー脱出
●年末調整で税控除の申請 愛の手帳でお金がもどってくるかも
●療育目線で子どもチャレンジをしてよかったこと、よくなかったこと



療育の先生もおすすめの 体幹弱く転びやすい子の足首をしっかり支えてくれる靴




家族で温泉いきたいな

スポンサーサイト

スポンサーサイト

関連記事

有言実行の男 たっくんのやる気スイッチ 自転車に乗れるようになりました。

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 うちのた

記事を読む

おもちゃ返してが言えるように・・・ 保育園介助の先生ありがとう

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今日はた

記事を読む

人生は競争じゃない 遅くてもゆっくりでも大丈夫☆

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 寝る前に

記事を読む

保育園加配の先生と再会ランチ(小2)

いつもご訪問ありがとうございます。 広汎性発達障害児育児中のたっくんママです。 先日、た

記事を読む

運動会の練習 マイペースなたっくん→ママと遊びながら練習

発達障がい児育児中のたっくんママです。 今日保育園の加配の先生からたっくんのリレーの予行練習の

記事を読む

敬老の日 ばあばへのハガキ

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 敬老の日

記事を読む

「おかあさんといっしょ」がキライだった頃

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 たっくん

記事を読む

今日がんばろぉ。

発達障がい児育児中のたっくんママです。 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 保

記事を読む

後ろは振り返らない男

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 昨日たっ

記事を読む

絶景だよ、お母さん

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今日のス

記事を読む

スポンサーサイト

スポンサーサイト

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーサイト

スポンサーサイト
no image
好きは苦手を超える

箸の使い方が、小4の今も苦手なたっくん 手先の不器用さを改善した

三男の合いの手 おまえんちおっばっけやーしきー

先日トトロが放映されていましたね。 我が家は、前から録画してあっ

日本理化学工業㈱の見学を終えて 働く喜び 相手の個性に合わせた伝え方

ママ友にさそってもらい、 全従業員85人中63人が知的障がい者の

学童で外遊びはしないという息子を変えた、「お友だちと一緒にいたい」という原動力(小4)

先日、学童の面談があり、たっくんの学童での様子を伺いました。 3

スマイルゼミ 発達障害児 自閉症
公文の算数をやめて、タブレット学習 スマイルゼミ始めました(小4)

  仲よしのお友だちが、スマイルゼミがいいよと教え

→もっと見る

PAGE TOP ↑