*

絶景だよ、お母さん

公開日: : 最終更新日:2015/11/02 育児日記

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日のスーパーの帰りの駐車場で、たっくんが
「お母さん、絶景だよ」と言いました。

たっくんが指差す先を見てみると、くっきりとした三日月が

ニュースとかテレビから言葉を覚えることが多くて、使い方ちょっと(笑)というところはあるけど、笑っちゃいました。
他にも色々難しい言葉を使ったりします。

親バカだけど、たっくんの感性好きだわー。
子供って面白いですね。

発達障害 純粋 自閉
んじゃ、またね。あじわい・こそだて☆

たっくんママセレクト☆お役立ち療育的グッズストア☆

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
ポチットしていただくと更新の励みになります<(_ _)>

んじゃ、またね。あじわいこそだて☆


ランキングに参加しています。クリックで応援していただけたら嬉しいです にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
広汎性発達障害児ママの子育てブログ
●はじめに
●たっくんと私の療育年表
●早期発見
●日々の療育
●買ってよかったもの
●読んでよかったお役立ち本
●絵カード関連
●おかあさんと一緒に出演
●療育のためペーパードライバー脱出
●年末調整で税控除の申請 愛の手帳でお金がもどってくるかも
●療育目線で子どもチャレンジをしてよかったこと、よくなかったこと



療育の先生もおすすめの 体幹弱く転びやすい子の足首をしっかり支えてくれる靴




家族で旅行いきたい!沖縄に行きたーい。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

関連記事

敬老の日 ばあばへのハガキ

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 敬老の日

記事を読む

有言実行の男 たっくんのやる気スイッチ 自転車に乗れるようになりました。

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 うちのた

記事を読む

GW川越観光 人混みは苦手

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

どう向きあう子どもの発達障害【NHK番組】

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今回録

記事を読む

やっぱり地図が好き たっくんの愛読書<東京23区地図>

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 最近のた

記事を読む

iphoneでの電卓遊び0÷0=・・・ (小2)

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。 いつもブログをご覧いただきありがとうご

記事を読む

ドライヤー小だったらいいよ記念日 聴覚過敏の緩和を実感

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

40万人を動員した感動作 うまれる【出産・流産・死産、不妊、障害をテーマにした映画】

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 昨日に引

記事を読む

夜泣き三重奏はつらいよ

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。 いつもブログをご覧いただきありがとうご

記事を読む

幼児用のリード紐はあり?なし? 情報番組ビビットより

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今朝の情

記事を読む

スポンサーサイト

スポンサーサイト

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーサイト

スポンサーサイト
日本理化学工業㈱の見学を終えて 働く喜び 相手の個性に合わせた伝え方

ママ友にさそってもらい、 全従業員85人中63人が知的障がい者の

学童で外遊びはしないという息子を変えた、「お友だちと一緒にいたい」という原動力(小4)

先日、学童の面談があり、たっくんの学童での様子を伺いました。 3

スマイルゼミ 発達障害児 自閉症
公文の算数をやめて、タブレット学習 スマイルゼミ始めました(小4)

  仲よしのお友だちが、スマイルゼミがいいよと教え

no image
発達障害児・自閉症 言葉の遅れに対するフラッシュカードDVD 星みつるさん

最近、こんな方をしりました。 NHK Eテレなどの子供番組の制作をし

モンズースー 生きづらいと思った親子で発達障害でした 入園編
幼児期の就学前や療育・園選びで出会っていたかった本

最近読んだご自身もADHD診断済みの2児の母 モンズースーさんの本

→もっと見る

PAGE TOP ↑