*

いいこってどんなこ?

公開日: : 最終更新日:2015/02/14 読んでよかったお役立ち本

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は絵本のご紹介です。
「いいこってどんなこ?」

いいこってどんなこ 発達障害

手遊びのイベントに参加したときに、読み聞かせがあった本です。
聞いているうちに涙腺がうるうる

主人公子うさぎバニーが、お母さんに「いいこってどんなこ?」と問いかけます。

文章の中の一節で、
「どんなにおばかさんでも バニー(子うさぎの主人公)はおかあさんのたからもの」という部分が特に、

たっくんの他の子とは違う行動にばかり目がいって、ありのままを受け入れられず悩んでいた私に、、響きました。

今でも本棚から取り出して、読む本の一つです。

いいこってどんなこ?
<amazon>

<楽天はこちらをクリック>

その他読んでよかったお役立ち本

んじゃ、またね。あじわいこそだて☆


ランキングに参加しています。クリックで応援していただけたら嬉しいです にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
広汎性発達障害児ママの子育てブログ
●はじめに
●たっくんと私の療育年表
●早期発見
●日々の療育
●買ってよかったもの
●読んでよかったお役立ち本
●絵カード関連
●おかあさんと一緒に出演
●療育のためペーパードライバー脱出
●年末調整で税控除の申請 愛の手帳でお金がもどってくるかも
●療育目線で子どもチャレンジをしてよかったこと、よくなかったこと



療育の先生もおすすめの 体幹弱く転びやすい子の足首をしっかり支えてくれる靴




家族で旅行いきたい!沖縄に行きたーい。

スポンサーサイト

スポンサーサイト

関連記事

ソフトカミングアウト 保育園 年度初めの挨拶

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

記事を読む

ありのままのわたしがいいの わたしはあかねこ

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

【マンガ】チャレンジ!「光とともに」が遺したもの(スポーツっていいな♪) 

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 ツタ

記事を読む

数字好きにおすすめの本 かず・かたちの図鑑

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。 いつもブログをご覧いただきありがとうご

記事を読む

自閉症マンガ 光とともにを安く読むには☆

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 自閉症マ

記事を読む

ことばのえじてん

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今年の

記事を読む

歯みがきをうながす本 むしばミュータンスのぼうけん

発達障害児(自閉症スペクトラム)育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうござい

記事を読む

【うえへまいりまぁす】こだわりのアナウンスの真似を楽しむ

発達障害児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 たっくん

記事を読む

光とともに 「元気に働く大人になります」

発達障がい児育児中のたっくんママです。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 この間

記事を読む

子どもに障害をどう説明するか

発達障がい児育児中のたっくんママです。 この間の出来事(たっくんがお友達にバカって言われた)を

記事を読む

スポンサーサイト

スポンサーサイト

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーサイト

スポンサーサイト
ペーパードライバー 卒業 評判
ペーパードライバーを克服!我が家のお隣の子育てママさんの出張講習の評判は?

交通機関の不便な発達関係の病院へ療育に行くために、出張教習でペーパード

学童で外遊びはしないという息子を変えた、「お友だちと一緒にいたい」という原動力(小4)

先日、学童の面談があり、たっくんの学童での様子を伺いました。 3

スマイルゼミ 発達障害児 自閉症
公文の算数をやめて、タブレット学習 スマイルゼミ始めました(小4)

  仲よしのお友だちが、スマイルゼミがいいよと教え

no image
発達障害児・自閉症 言葉の遅れに対するフラッシュカードDVD 星みつるさん

最近、こんな方をしりました。 NHK Eテレなどの子供番組の制作をし

モンズースー 生きづらいと思った親子で発達障害でした 入園編
幼児期の就学前や療育・園選びで出会っていたかった本

最近読んだご自身もADHD診断済みの2児の母 モンズースーさんの本

→もっと見る

PAGE TOP ↑